初美容院

今日の北京は夏ーって感じの天気でした。
とは言っても、北京特有の「日差しがガンガン降り注ぐ夏」
ではなく、「微妙に湿度が高い気がする」感じの、日本っぽい夏です。
温度はそんなに高くありませんでした。
暑かったと言えばもちろん暑かったんですがA^^;

c0060603_23331171.jpg

お昼は鶏肉炒鶏蛋。7元です。高いわー。
辛かったですが、これはかなり美味しいです。
「辛くしないで」とか今度言ってみようかと検討中(笑)

お昼を食べた後は、北京に来て初めて美容院へ行きました。
髪が伸びてプリンっぷりがかなり激しくなってたので
黒に染めてもらいました。
「この黒にして」と言ったら
「これは真っっ黒だから!不自然だよ」
と言われ(笑)たのでちょっと茶色目の黒に染めてもらいました。
「いくら?」と聞いたら「340元」
と言われてめっちゃ焦りました。高いよ!
「金持ってないから安いのにしてくれ!」と言ったら
160元のコースにしてくれました。危ない危ない;;
というか、「あなた何人?」「日本人」のやり取りで値段(というかコース)が
決まったらしいんですが、あの差は何なんでしょうか・・・
値段表を見たら、340元のは「ドイツなんちゃら」
160元のは「韓国なんちゃら」
・・・?質が違うということなんでしょうか。よく分からん。
にしても340元はないだろう、とちょっと思いました。
その値段だったら、日本でやりますよ私。
(3000円程度でカラーリングしてくれる行きつけの店があるのです)
シャワー台のイスに座ってる時、首が鬼のように痛かったです。
イスが悪いぞ~。
普通のイスも揺れてましたけど(笑)
160元の中にはカット代も含まれてたので(別にしてくれなくてもいいんですが)
カットもしてもらいました。なんかもっさりしました(笑)
カットしてる時、店のお姉ちゃんに
「あんた日本人に見えないね~」
と言われました。「じゃあ私何人さ?」と聞いたら
「中国人だ」と返ってきました。なんか、もう最近言われなれましたよ(ぇ)
むしろ髪を切ったらますます中国人っぽくなった気が・・・
というか髪が黒いのもいけない気が(笑)

それにしても、お客さんが少なくて居心地が悪かったです。
私が入った時には2人いたお客さんもいなくなった後は、
ずっと私一人でした(痛)
従業員めっちゃ暇そうにしてるしむしろ寝てるしっ(笑)

c0060603_2334325.jpg
c0060603_23352099.jpg

美容院から帰ってきて、何とはなしにテレビをつけていたら
流れてた(私的)サプライズ映像。
6歳(画面情報)の女の子がきわどい服でお姉さん達に囲まれて踊ってます。
目玉ひん剥くほど驚きました。何じゃこりゃぁあ!
中国では結構子供が出演する番組も多く、色んな幼稚園の園児が
集団で踊ったり(結構本格的だったりする。衣装もちゃんとしてる)
(たまにきわどいのあり)歌ったりしてるのはよく見るんですが
これは本気でびっくりしてウッカリ写真撮っちゃいました(笑)
写真のボケっぷり(縮小してるので分かりませんが)に動揺が見て取れます。
こんなんに驚くのは私ぐらいなんでしょーか。笑。

夕飯は昨日に引き続き自炊です。
今日は焼き餃子が食べたいなあ~と思って用意するも、
油がないことに気づきました。

調理油に代わりまして~、代打、マヨネーズ~
(野球のアナウンス風に)
(そこで水餃子にするという選択肢はないのか)

マヨネーズも油入ってるし、いいよね別にと思ったのですが、
その後すぐに考えの浅はかさを知ることに(ぁ)

鍋が思いっきり焦げましたorz

というか、電気コンロの「炒めモード」の温度の高さも大誤算でした。
中華を侮ってはいけません。
伊達に毎日学食の厨房で火柱(微妙に違)が上ってる訳ではありませんでした。
鍋が2日目にしてボロボロです。
私の朋友がっ・・・!(いつから朋友になったんだいつから)

c0060603_2337779.jpg

という訳で今日の夕飯。
かなりぐちゃぐちゃなのでカメラ引いて!って感じで写しました。
キュウリも入ってます。今日は半分だけですが(笑)
あとは日本から持ってきた味噌汁です。
明日ちゃんと油も買って来ようと心に誓いました。

今日の出費
 カラー+カット代       160元
 CD(1枚)         6元

忘れかけてた「今年買ったCDをメモッておこうのコーナー」。
まとめていきます。
日にちは忘れたので(おい)なし

+光良/童話
+劉若英/聴説
+TUBE/夏景色
+QUEEN/THE GREATEST HITS

今日覚えた中国語『促使』(促す)
[PR]

by bleu-rumore | 2005-05-28 23:35 | 留学生活

<< 散歩しまくり(勉強は?)    初自炊(もどき) >>