「まだ切りたくないよね?」

なんかえらい中途半端な時間に日記書いてます。
授業時間にブランクがあるのでいつも潰し方に迷います(課題やれよ)

昨日、ものもらい3日目にしてやっとこさ目医者に行ってきました。
こういう時ネットは便利ですね。
普段使ってる駅の近所で検索すれば学校帰りに寄れますからね。
という訳で、ヒットした3件の目医者の内1件を適当に選んでGo。
駅から意外に歩きました(うちの駅と隣の駅の中間ぐらいと見た)
中はきれいで設備も整ってて最近の医者はすげえなあとか思ってました。
しかし試練はこれからでした。
初診だったせいか、眼圧測定に始まり視力検査を延々20分(長!)
検査後ちょっと待たされて名前を呼ばれ診察。
先生「どうしましたか?」
自分「右目にものもらいが(略)」
先生「じゃあここに顔乗せてー。あー、痛いのここでしょ(ぐりぐり)」
自分「そこです(痛い痛い!)」
先生「写真撮るよー(パシャ)はいこのモニター見て(以下病気の説明)」
先生「んーまだ切りたくないよね?
自分「・・・そうですねー。できれば切りたくないです」
先生「じゃあ飲み薬と点眼薬出しとくから。お大事にどうぞー」

この間わずか1分。(ちょ!)

目医者にいた時間は賞味40分はあろうかという感じなのに
診察時間1分て!開業医なのに!(そういう問題か?)
しかも帰ってから腫れと痛みが悪化したんですけどorz
絶対あの先生がぐりぐりやったせいだ・・・あのいらんことしいめ!
とりあえず1週間薬飲んで様子見て駄目だったら切るっぽいんですが
もうあそこ行きたくない。
ので他の目医者に行こうかと検討中です。

ちなみに病気は「(急性)霰粒腫」でした。
一般的にものもらいとかMEBACHIKOと呼ばれるのは「麦粒腫」といって、
私が今回なった「霰粒腫」とは別物なんだそうな。
霰粒腫は普通痛みはなくしこりができるだけらしいんですが
炎症を起こして痛むこともあるそうで、それが「急性霰粒腫」らしいです。
病気しても目の手術だけは絶対いやだと思っていたのに(見えるから)
(下まぶたなんで見えないかもしれないけどいやだ)
・・・切るんかなあ。
[PR]

by bleu-rumore | 2006-11-09 11:35 | 日常生活

<< 所詮その程度の扱い    久々に凹んだ +地元バトン >>