常識とは、十八歳までに身につけた偏見のコレクションのことを言う

自分案外常識に捕らわれてるな、と最近思った京弥です。
常識というか、社会通念かな。
最近は恋愛結婚が「当たり前」になりつつあって、メディアなんかでも恋愛→結婚
という図式が氾濫してるので
「結婚は(恋愛感情での)好きな人とするもの」
と思ってたようです、無自覚に。
自分は恋愛感情が欠落してる人間なので、「自分は一生結婚しないだろうな」
と思ってたんですが、よく考えると(よく考えなくても)色んなものに縛られた
硬い考えであるということに、友人とのメッセで気づかされました。
そもそも歴史を振り返ってみると、恋愛感情の無い結婚なんて政略結婚とか
お見合い結婚とか色々ある訳で、今でも恋愛感情のない結婚はいくらでもある訳です。
というか一番身近にそれを見てきていたのに何故今まで気づかなかったんだろうな。
つくづく自分は視野が狭いです。
でも友人に『「なんか楽だし」っていう理由で結婚しそうというか、(以下略)』と
言われて、目からうろこが落ちました。
好きか嫌いかと言われたら好きだけど、恋愛感情ではないよ、ただ一緒にいて楽なだけだよ、
という、まあ同居というかルームシェアみたいな「結婚」も、”アリ”じゃないか、と。
男女が長いこと2人で住んでれば、籍を入れなくても「結婚」になっちゃうからなあ。
(若干語弊があるな)
そういう意味では、外から見たら「結婚」と呼べる状態に置かれる日がいつか来るのかもなあ、
と思いました。
あと、改めて「何かに縛られずに生きていく事の難しさ」を感じました。
いや何にも縛られない人生なんてあり得ないのかもしれませんが。
とりあえず、これ以上「偏見をコレクションする」のはやめよう。
そんな話。
[PR]

by bleu-rumore | 2008-05-20 20:14 | ひとりごと

<< そろそろ落ちつきというものを得...    うぬぬぬ >>